電気血圧測定器と女性医者
  • ホーム
  • 専門医療機関での診療でノルバスクの処方について

専門医療機関での診療でノルバスクの処方について

患者と話す医者

「ノルバスク」は、血圧を下げる効果があり、高血圧の方や狭心症の症状のある方に有効な内服薬です。
世界的手にも有名な高血圧の薬として有名で使用されています。
日本では、厚生労働省から1993年から認可を受けて、医療機関での処方が始まっています。

ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に属します。
この成分は、血管に存在する筋肉を拡張させるはたらきを持ち、血管にダイレクトに作用することで血圧を下げる作用を持ちます。
血管に直接働きかけるので、そのほかの余計な働きが少ないです。

ノルバスクの副作用は、一番はほてり症状、動機や頭痛、めまいなどがあります。
しかし、副作用が少ないお薬としても有名で、副作用症状がかなり少ないとされています。
免疫力が低下している高齢者の方にも安全な薬として認識されているので、高血圧症と診断を受けた方に一番最初に使用される治療薬です。
もし、飲み初めころに副作用が出たとしても、継続していくうちにおさまるケースが多いです。
また、ノルバスクの薬価は安価なので、使用する側も安心して使用することができるところもメリットです。
持続効果があるので、1日1回の服用で効果があるので、飲みやすいです。

そしてノルバスクを服用する原因となる高血圧にはあまり自覚症状がないといわれています。
安静にしているときに頭痛や頭重感、めまい、耳鳴りなどを感じる場合があります。
高コレステロールの摂取、喫煙、辛い物の摂取など血圧が上昇すると言われています。
糖尿病や心臓病を合併する場合もあるので、注意が必要です。
日常的に血圧測定されていて、いつもと血圧が異なっていたり、何かしらの症状があれば、内科などの専門医療機関などで、診療を受けることをお勧めします。

関連記事