電気血圧測定器と女性医者
お知らせ
電気血圧測定器

ノルバスクはアムロジピンという成分のお薬です。
降圧剤に使用されるアムロジピンの成分の働きとしては、心臓や体の血管を広げて血液の流れをよくする作用があります。
血管壁の細胞にカルシウムが流れ込むと、血管が収縮して血圧が上がります。
このときノルバスクの成分が体内にあると、カルシウムが細胞内に入るのをおさえこみます。
すると血管が広がり血圧が下がるので、心臓の収縮をおさえて心臓を休ませる働きをします。
このような作用があることから、カルシウム拮抗薬ともよばれています。
こうして血圧を適正に安定させることで、血管や心臓、腎臓などの病気を防ぐことにつながっていきます。
ノルバスクはこの他にも、脳・腎臓・手足・目の網膜など体全体の血液の流れをよくするので、いろいろな病気に応用されています。

ノルバスクは高い効き目を持つことに加えて安全性が高いので、高血圧の治療薬に第一選択されています。
紅潮や頭痛、動悸などの副作用も少なく、血糖、尿酸、脂質などにも影響を及ぼすことがないので、年齢を問わず広く使うことができます。
そのため合併症のある高齢者にも適しています。
長期臨床試験でも予後改善効果(長生き効果)が認められています。
1日に1回あるいは2回の服用でよいという、効果が持続するタイプの製剤を使うのが一般的です。

降圧剤のように血圧を降下させるためのお薬には、様々な種類がありますが、お薬によっては効果が人それぞれの現れ方をするので、ご自分の体調に合う、快適な生活を続けられるようなお薬に出会えることが一番です。
服用の負担感が少なく目標に直結しやすいお薬で、毎日の生活をより豊かに過ごすことができれば、これほどうれしいことはありません。

記事一覧
患者を診ている医者

ノルバスクは血圧を下げる薬として非常に多くの場面で使用されています。 その主成分であるカルシウム拮抗...

患者と話す医者

「ノルバスク」は、血圧を下げる効果があり、高血圧の方や狭心症の症状のある方に有効な内服薬です。 世界...

血圧を測定される患者

ノルバスクは高血圧、狭心症の治療に用いられる飲み薬で、有効成分をアムロジピン、規格を2.5mg、5m...

血圧を測定する医者

ノルバスクとノルバデックスは名前が非常に酷似していますが、成分から作用まで全く別の治療薬となっていま...